競馬をもっと深く理解する為の競馬の知識。競馬を楽しむなら- UMAX ウマックス -

「な」から始まる競馬用語【競馬用語辞典】

無料競馬予想のUMAXでは競馬に関する情報を無料にて公開しております。
これから競馬を始めるという方は是非、ご利用下さい。
苦情は一切受け付けておりません。自己責任にて馬券を購入して下さい。

TOPページ > 競馬用語辞典 > 「な」からはじまる競馬用語

競馬を知る

競馬をより深く理解するための競馬の知識
- 「な」からはじまる競馬用語 -
50音順一覧
   
 
   
 
ないこくさんば(内国産馬)
外国産馬以外の馬。つまり日本で生まれた馬である。ただし、種付けのため外国に一時的に輸出された牝馬(日本軽種馬登録協会の繁殖登録を受けているもの)が輸出される前に日本で種付けして受胎している場合に、外国で生まれた子供を当歳の12月31日までに輸入した際には内国産馬となる。また、外国で種付けされた繁殖牝馬が日本に輸入されて産んだ持込馬も、現在では内国産馬として扱われる。
なまり(鉛)
負担重量調整のため鉛板を使用する。鉛板は100グラムから500グラムまで5種類あり、100グラムを一分〔いちぶ〕と呼んでいる。通常、鉛鞍と呼ばれる鉛を入れる仕様の鞍に、鉛板を入れて負担重量を調整している。まれに胴巻に入れて自己の胴に固定する騎手もいる。競馬場では鉛以外に500グラム単位で負担重量調整用のゴムパッドを準備しており、これを使用して負担重量を調整する騎手もいる。
常歩(なみあし)
速度は普通1分間に110メートル位で、これは時速6.6kmにあたる。人間の通常の歩く速度は時速4kmだから、人間よりかなり速いことがわかる。活発に歩かせなければ、これよりずっと遅く歩くが、活発に歩かせないと本来の正しい動きをしない。四肢の動く順は(1)右後肢 (2)右前肢 (3)左後肢 (4)左前肢の4ビートで、頭、頸を左右、上下に大きく動かして歩き、騎手の腰は前後に揺れ動くが、上下動の反撞はない。馬は基本的には常歩、速歩、駈歩、襲歩などの歩法で移動するが、これらの歩法のうち常歩は最も速度が遅い。肢の着地順は右後肢→右前肢→左後肢→左前肢と続いていく。
モバイル版UMAX
充実の携帯サイト
UMAXからのお知らせ
  •  出走情報のお知らせ
    日本ダービー(GT)の特別登録馬を掲載。
  •  出走情報のお知らせ
    目黒記念(GU)の特別登録馬を掲載。
  • モバイル版登場!
    お待たせしました。モバイル版ウマックスがスタート!皆様、ご利用下さい。