競馬をもっと深く理解する為の競馬の知識。競馬を楽しむなら- UMAX ウマックス -

「も」から始まる競馬用語【競馬用語辞典】

無料競馬予想のUMAXでは競馬に関する情報を無料にて公開しております。
これから競馬を始めるという方は是非、ご利用下さい。
苦情は一切受け付けておりません。自己責任にて馬券を購入して下さい。

TOPページ > 競馬用語辞典 > 「も」からはじまる競馬用語

競馬を知る

競馬をより深く理解するための競馬の知識
- 「も」からはじまる競馬用語 -
50音順一覧
   
 
   
 
もちこみば(持込馬)
牝馬を輸入するとき、すでに受胎しており、日本に来てから生まれた馬のこと。以前は外国産馬と同様、いろいろ制限を受けていたが、現在は内国産馬扱いになった。
も(持)ちタイム
「芝1600メートルの持ちタイムは1分35秒5」などといい、同じ距離(この場合は芝の1600メートル)のレースでその馬がこれまでに記録した最も速いタイムのこと。
もの(物)をみ(見)る
不意に些細な何かの物に驚いて騒いだり、止まってしまったり、また横に飛んだりする動作や癖をいう。レースのときにハロン棒の影や芝の切れ目に驚き、異常な動きをする馬も稀にある。
モンキーの(乗)り
鐙〔あぶみ〕を短くして、膝を前に出し、尻を鞍から離し、前傾姿勢で追う騎乗フォーム。木の枝にモンキー(猿)がまたがったように見えるところからこう呼ばれる。1890年代にアメリカのトッド・スローン騎手が考案したものだが、日本で一般化したのは戦後になってからである。それまでは「天神乗り」(長い鐙で尻を鞍につけて上体を起こす乗り方)が主流だった。
モバイル版UMAX
充実の携帯サイト
UMAXからのお知らせ
  •  出走情報のお知らせ
    ローズS(GU)の特別登録馬を掲載。
  •  出走情報のお知らせ
    セントライト記念(GU)の特別登録馬を掲載。
  • モバイル版登場!
    お待たせしました。モバイル版ウマックスがスタート!皆様、ご利用下さい。